当院の交通事故治療について

夜21時まで受付(月・水・金/要予約)

当院では、交通事故治療を希望される患者様に限り、夜の21時まで受付しています(月・水・金)。交通事故に遭われた後、多くの方が少しの期間を経て職場や学校等に復帰されます。そうした中で、治療のために時間を割くことができずに、通えなくなってしまうという方が少なくありません。交通事故後の障害は、事故後すぐに現れるものもあれば、時間を経て現れるものもあります。したがって事故後に急性症状がなくなったからといってすぐに治療を中止するのは得策ではありません。後々の障害が出ないためにしっかりと治療をする必要があるのです。

しかし、会社等に復帰してしまうとその時間を取ることがままならずついつい治療が後回しになってしまいがちです。完全に治りきる前に治療を中断してしまうことで、後々体に生じる障害のリスクは少なくありません。当院ではそういったリスクを最小限にするために、交通事故治療の患者様に限り22時まで受付をしております。忙しい中でも自分の身体を大切にしてほしい、という当院の願いでもあります。交通事故後に後遺障害を残さないためにも、必ず症状が軽快するまで治療を続けるようにしてください。

一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療を行います

当院の交通事故治療の特徴として、一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療を行う点が挙げられます。

当院では、まず各種検査を通じ患者様の交通事故の状況や身体の症状・状態を把握します。症状が出ているからといっていきなり治療を開始することはありません。その後、得られたデータや検査内容をもとにこれから先予想される症状を想定しながら、治療計画を立てていきます。その後治療計画をもとに患者様にお話をし、治療の流れを把握していただきます。ご納得いただけてから治療を開始しますので、安心して治療に専念できると思います。実際の治療では、手技を中心としながら一人ひとりに最適なオーダーメイド治療を行います。オーダーメイドであるため、画一的なものではなく患者様の症状の微妙な変化や身体の状態に合わせた治療を行っていきますのでご安心ください。

また、交通事故での症状の中には、自覚症状ではとてもつらく感じられるにもかかわらず、レントゲン検査など、他覚的所見では異常なしと診断されてしまい湿布や痛み止めの薬で様子をみるだけで終わりということもあるようです。こういったケースでは患部のみならず関連する筋肉や関節など遠位からの治療が有効であることも少なくありません。当院ではこういった方も対象に、主観的な痛みの治療にも力を入れています。

交通事故後の注意点

交通事故による症状は一般のけがとは異なります。というのも、交通事故では、車等の超重量物を介して身体に大変大きな衝撃が瞬間的に加わります。その瞬間的な衝撃たるや想像を絶するものです。したがってその損傷は、一般の事故と比較して重度となることがふつうです。

しかしながら、それだけの障害が起これば本来であれば直後から症状が出てくるはずにもかかわらず、交通事故では往々にして直後に症状を感じにくいものなのです。なぜでしょうか。交通事故という非常事態において、興奮状態のあまりアドレナリンなどのホルモンが多量に分泌されているため痛みなどを感じにくくなっているからなのです。

したがって、「事故後の症状はない」などと判断してしまうことになります。
交通事故に遭われた方の中には、症状を軽視してしまい直後にしっかりとした治療を受けなかったために後々まで後遺症に悩まされている方も少なくありません。このような状態にならないためにも、たとえ症状を実感していなくても、交通事故後は必ず医療機関を受診しましょう。

当院では、整形外科との併用をお勧めしていますので、他院通院中の方でもお気軽にご相談ください。交通事故治療は、早期治療がとても重要です。現状症状が少ないから大丈夫と自己判断せずに、一度ご相談ください。