整骨院と整形外科の違い

整骨院とは

整骨院を開業する院長は、柔道整復師という国家資格を有すことが必要要件とされています。柔道整復師となるには、厚生労働大臣が認可した専門学校や大学で一定年数専門知識を身につけ、卒業時に財団法人柔道整復研修試験財団主催の国家試験に合格する必要があります。

国家資格である柔道整復師には、健康保険を使用しての開業権が与えられていますので、整骨院を開業することができます。柔道整復師の職務の幅は広く、整骨院で働くだけでなく、病院の整形外科におけるリハビリ業務やスポーツ施設またはデイケアなどの介護施設などで働いている人も多くいます。柔道整復師が主にみるのは、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷等です。挫傷には、I度からIII度までの分類があります。I度は、筋肉の微細の損傷です。

症状としては、ぎっくり腰や、肩こりなどがそうです。II度は、筋肉の部分断裂、つまり肉離れです。III度は筋肉の完全断裂です。接骨院を開業する柔道整復師はこれらの身体の症状のエキスパートでもあります。

整形外科とは

一方、整形外科は病院やクリニックなどの医療機関にある診療科です。国家資格である医師免許を所有する医師が治療にあたります。整形外科ではレントゲンやCT、MRIをはじめとする検査や、各種の手術、薬の処方などを行うことができます。また有床施設であれば入院することもできます。しかし、整形外科では一人当たりの医師の診療時間が少ないことや、治療よりも痛み止めや湿布などの処方がメインとなりやすいなどのデメリットを訴える方も少なくないようです。