交通事故治療の流れ

まずは届け出を

不幸にして交通事故にあってしまったら、まずは届け出ることが大切です。事故後は動揺しているために、アドレナリンが分泌されており痛みを感じにくくなっている状態です。また精神的にも非常に興奮している状態なので、正しい判断ができなくなっていることも少なくありません。
そのため、「たいへんなことを起こしてしまった」「会社に遅刻してしまう」等の心理が働き、届け出をせずにうやむやにしてしまうこともあるようです。その場で加害者の名前や住所などを聞かないことには後の祭りとなってしまいますから、必ず個人情報を聞き届け出をして事故があったことを証明しましょう。
加害者はもちろん、被害者からも届け出ることが必要です。特にけがを負った場合は「人身扱い」の届出が重要です。仮渡金の請求などで必要となるので、早めに自動車安全運転センターへ交通事故証明書の交付を依頼しましょう。

加害者の情報の確保を 

加害者の名前や住所はもちろんのこと、可能であれば勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先なども聞くようにしておきましょう。最近はスマートフォンのカメラを使って事故状況を撮影する人が増えていますが、もらった名刺や書き残したメモなどもなくしてしまう可能性があるので、念のためカメラで撮影しておくこともいいでしょう。

可能であれば目撃者の確保も 

交通事故直後は加害者とも友好関係にあっても、支払等の問題で関係が悪化し交渉が長引くことも十分考えられます。万が一、加害者とトラブルになった際のことを考え、周囲に通行人などの目撃者がいないか確認しておきましょう。目撃者などの第三者の意見は効果があります。目撃者に声をかけて協力を得、氏名や連絡先を聞いておきましょう。場合によっては証人になってもらえるかもしれません。

自分でも記録を

交通事故に遭った多くの人が言うことですが、事故直後は興奮していますがその後はショックも加わり、当時の記憶があいまいになることがあります。そのため自分自身でも記録を残しておくことが大切です。現場状況を撮影したり、メモしたりするなどしておきなるべく多くの情報を残しておくようにしましょう。

整骨院へ予約

当院に電話にて治療をご希望の旨をお伝えください。その際に交通事故による治療であることをおっしゃってください。可能であれば、お取扱いの保険会社ご連絡先もお伝えください。すでに病院受診の方は診断名も併せてお伝えください。来院可能な日時でご予約をお取りいただけます。

来院

予約時間に合わせてご来院ください。ご来院後は受付にお名前をお申し出ください。こちらで問診票をお渡します。問診票の内容に沿って、現在の体の具合や治療の希望などをお書きください。特につらい症状がある場合はその旨を受付にお申し出ください。

問診

記入していただいた問診票をもとに、お話をお伺いします。事故状況や現在の症状などについてお話しください。加害者側の加入保険等をご存知の場合はそちらも併せてお伝えください。

検査

症状を確認します。痛みの具合や、腫れ等を目視で調べた後、いくつかの検査やテストを行って機能障害の程度を確認します。その後、治療の計画を立てていきます。

治療開始

治療計画をお話しし、ご理解いただけたら治療開始となります。当院では、手技による治療をベースに一人ひとりに合わせたオーダーメイドの治療を行っております。治療終了後は、体を動かしていただき症状の変化や軽快を実感いただきます。それによって、次回の来院日や必要な治療回数などについてもお話しします。院長より生活の注意点や体の負担を軽くするエクササイズなどをお話しすることもあります。また治療について不安なことがあれば何でもお尋ねください。

次回予約

受付にて次回予約をお取りください。症状にもよりますが特に受傷直後はなるべく回数を開けずに通っていただくことをお勧めしています。また、交通事故治療の方に限り夜21時まで受付可能としています。お仕事などの都合で日中通えないという方はこの時間帯をご利用ください。