交通事故治療の費用

交通事故の多くは、自動車との接触事故です。ここでは、不幸にして交通事故の被害者となってしまった場合の、費用の流れをみていきましょう。まず、自動車を所有する際には、自賠責保険と呼ばれる保険に強制的に加入しています。多くの場合、車両を購入した販売店と契約している損保会社の運用する自賠責保険に入ることになります。自賠責保険の内容は、各社ほとんど似通っているため、生命保険や医療保険のように条件を見比べて好きなものに加入するというような性質のものではありません。車を持つ人すべてが加入しなくてはいけない保険であり、被害者の救済を目的とした社会保障的な性格を有する保険であるため、保険料に利潤は含まれておらず、保険会社の利益は発生しません。

各社の自賠責保険の補償限度額は、死亡時3,000万円、相手のけがに対する入院費や手術、慰謝料などでも120万円が上限と定められています。万一交通事故を起こした場合、当然これらの費用では補償しきれないケースがあります。そのようなケースの場合に任意保険といわれる保険があります。これは、ドライバーが任意で加入できる保険で、保険額や補償額は様々です。自賠責保険と違い、こちらはドライバーが自分で好みのものに加入することができます。多くの人が自賠責保険だけでなく任意保険にも加入しています。

実際に交通事故を起こした場合は次のような流れになります。まず、事故の大きさに関わらず必ず警察を呼びます。その後車検証を確認し、事故の内容を証明する事故証明を発行してもらいます。被害者側は、加害者の住所や名前、任意保険会社を確認しておきます。その後、加害者は保険会社に連絡を入れることになり、以降は保険会社と被害者とがやりとりをすることになります。加害者が任意保険にも加入している場合、交渉は自賠責保険会社ではなく、任意保険会社が行うことがほとんどです。その場合、任意保険会社は自賠責保険の金額を使いながら費用負担をしていきます。

整骨院に通院する場合、必要に応じて整形外科などの受診を先にすることが求められる場合があります。その後、保険会社との連絡が済み次第治療を開始することになります。実際の通院にあたり、整骨院側では、相手の任意保険会社へ連絡し「施術証明書」等の書類を送ってもらいます。

その後保険会社は、整骨院から提出されたこれらの証明書や、被害者から提出された休業補償書等などを取りまとめて、整骨院及び被害者へ必要な費用を支払うことになります。つまりお金の流れとしては、被害者及び整骨院側が任意保険会社に費用を請求し、そして任意保険会社が自賠責保険会社へ申請をすることになります。そこから費用を得て、被害者と接骨院などに補償をするというわけです。もちろん自賠責保険保証分を超えた不足分は任意保険会社が補うことになります。いずれにしても、こういったやりとりを経るため、被害者本人の負担額はありません。交通費などの細かい明細もしっかり残しておくようにしましょう。

ちなみに、加害者が無保険やひき逃げの場合はどうなるでしょうか。いずれも保険が使えないケースです。このような場合は政府が被害者に補償を行うという制度もありますが、この場合の限度額は自賠責保険と同じと定められており、それ以上の補償は見込めません。